読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

ロッキンジャパンのチケットが取れたので。

村上龍

が、女にモテたいから、<フェスティバル>をやるのだと佐世保でぶち上げたのが私が生まれるはるか昔の1969年。その後、私が初めてフェスに参上したのは2008年のフジロック。

それは衝撃だった。

 

チケットが高い!

3日通しで4万2千円。学生だった私にはかなりのものだった。どれだけバイト先でラーメンを作り続ければ普段の生活プラスアルファで4万も稼ぐことができるのだろうかと考え、42時間、つまりは、通しシフトを4日連続で入ったら稼げると分かり、朝10時から晩11時まで4日働いた対価がそれに果たして値するのかなどと考えた。

今となって考えてみると、4日連続11時間労働なんてのは社会人ならままあることなので、ビビっていた当時の私を今は恥じる。

冷静になって、3日間通し、つまりフェスティバル36時間を4万2千円で買うということは、時給換算すると1200円弱だったので別に高くないか、と納得をした。

考えてみれば、神田祭や葵祭なんていう古来ゆかしきお祭りは、地域の人々が随分と手間暇かけボランティアで準備をし、市や県もお金も出して運営している。ロック・フェスなんてものはそれがないのだから、やはりその位の出費は致し方ないのでしょう。

f:id:dongurime:20160703124225j:plain

 

楽しかった。

カサビアン、underworld;、クルリ、Jason Mraz、The Music、モンパチ、ゆらゆら帝国、忌野清志郎(ガンにより欠場)、The Birthday、Simple Plan。

 

豪華なラインナップ。そしてほとんどが外国のアーティスト。カルチャーショック。関西の田舎から出てきたての学生に、それは衝撃だった。クラブどころか、普通のアーティストのライブ会場にも行ったことがなかった当時の私にはすべてが新しい世界だった。

フジロックの楽しさはライブだけではなかった。ライブ会場は8つほどある。小さな臨時のものも含めればもういくつかあるのかもしれない。それら全ての会場で、同時にライブが行われている。行く先々で誰かが歌ってパフォーマンスをしていて、大勢の人々が飛び跳ねてが盛り上がっている。そして会場と会場の間は林道になっていて、小川が流れ、その川に足を浸しながら白人の女性がビールを飲み、巻きタバコを吸う。小鳥が木々の間を飛び、そしてその林道の一部にひっそりと小さなハコが用意され、女性のアーティストがギター一本で緩やかな曲を弾き語っていた。

ライブはすごかった。雨が降り、カッパを着て前に詰め寄り、カサビアンを間近に観ながら飛び跳ねた。夜は巨大なグリーンステージ全体がクラブにようになり、エレクトリカルなDJがズンズンと響き渡る。疲れ果てたら、テントで眠る。そして朝起きて、グリーンステージに何気なくいくと、Jason Mrazが軽快に愛の歌を歌う。早い時間のグリーンステージは適度に空いていて、午前中から飲むビールは最高だった。

f:id:dongurime:20160703131026j:plain

 

オーストラリアのフェスティバル

以前、留学生の家を訪ね、オーストラリアのメルボルンに行ったことがある。そこで、「森の音楽祭」とやらに誘われた。それが私の初めてのフェスというものだった。

だだっ広い赤茶けたオーストラリアの無機質な平原に、カサカサと枯れかけた木が密集して生えている一角があり、そこに中規模の舞台があった。誰だか知らない外人が何か歌っていた。これのどこが森なのかと思った。

友人に、あれは有名なアーティストなのかと聞くと、知らない、知らないけれど、いい曲じゃないか、フェスってのはそういうものだ、という答えが返ってきた。確かに聞いているうちにいい気分になった。木の陰に折りたたみ椅子を置き、持ってきたウォッカをコークで割ったのを延々と飲み、ときに舞台に近づいて体を揺らし、また戻って飲み、隣の兄ちゃんに酒をやり、お礼にタバコをもらい、吸いなれないそれを吸うと妙な味がした。

舞台から戻ってきて椅子に座ろうとすると、知らない外人が私の椅子に座って寝ていた。おいおい、といってゆすり起こすと、「Oh,Im fucked,haha」と言った。「Fucked? by what?」と聞くと「Drink」と言ってまた眠り始めた。オーストラリアではベロベロに酔っぱらうことをfuckedというらしいことをそのとき知った。

会場は、乾燥しているから臭くはないものの、基本的にとても汚い。タバコはポイ捨て。空き缶はその場で踏みつぶされそこここに捨てられたままになっている。これもまたそういうものなのだそうだ。

そのときのことを思い出すにつけ、フジロックは、なんとゴミのない美しいフェスなのかと感嘆するばかりだった。 

 

f:id:dongurime:20160703140805j:plain

 

フジロック・セックス騒動

フェスの音楽は最高に楽しい。これは分かった。しかし、フェスを語るにあたってそれだけではつまらない。

昨年、『フジロックで3日間で5人とSEX騒動』なるものがあって話題になったことがあった。広告代理店勤務らしい一般の女性のツイッターアカウントの呟きがネットで拡散された。内容はタイトルそのままで、フジロックに通しで参戦して、テントで3日で5人とセックスをした、というツイートがスキャンダラスに拡散されたというもの。

その当時は、

 ◆フェスは音楽を純粋に楽しむイベントと聞いていたがロクなもんじゃないな

 ◆フェスってのはエロイ女が集まるんだな

 ◆フェスのリア充死ね

などなど様々なステレオタイプな批評が寄せられた。

どうも違和感があったので、フェスティバルの言葉の意味を調べてみた。

 (宗教的な)祭礼・祭典・祝祭や祝祭日*1

英語でも宗教儀式の意味合いのようだ。日本と変わらない。

件の批判は、フェスティバルにセックスが入り込んではいけないという前提からなされている。ただ、本来は祭りにセックスは付き物だったはず。江戸時代を文化的な豊穣期とするならば、フジロックでのエロ話は祭りの先祖返りとも見て取れるだろう。あるべき論を述べるなら、

 「へぇー、本格的な祭りだな」

 「古き良き祭りのようだ」

と解釈こそすれ、祭りに対して「フシダラだ」なんて、無知をさらして批判するのはどうか。以下、ウィキペディアで見つけた『盆踊り』に関する記載を引用。

鎌倉時代以降、経済力や自治力を得た民衆により新奇な趣向が次々に考案され、江戸時代初頭には絶頂を極めることになる。江戸では7月に始まり連日踊り明かしながら10月にまで続いた。 ~中略~ 盆踊りは未婚の男女の出会いの場にとどまらず、既婚者らの一時的な肉体関係をもつきっかけの場をも提供していた。ざこ寝という、男女が一堂に泊まり込み乱交を行う風習も起こり、盆踊りとも結びつき広まり、ざこ寝堂はほとんど全国の農村には存在した。これは昭和時代に至っても続いていた。(引用元:盆踊り - Wikipedia

盆踊りを楽しむ人は、純粋に踊りを楽しむもよし、双方合意の上、乱れた行いに興じるもよし。要は、幅広く清濁全てを飲み込むハレの場、それが祭りということなのでしょう。むしろ、そういった可能性も秘めてこその<祭り>。

ただ、あまりに風紀が乱れてしまい、痴漢など性犯罪が横行し、取り締まりが強化され、、、なんてことになると目も当てられないので、好きな人同士で合意のもと平和に楽しくやってください、と個人的には思うところです。

とかく結果的に祭りの幅を狭めてしまっては、それは文化的荒廃です。

是が非でも、合意の上で、フェスの雰囲気を楽しみつつ非日常的なエロいことしていただきたい。

 

f:id:dongurime:20160703140649j:plain

 

ロッキンジャパン!

フジロックは会場は新潟の山間なので雨に降られる前提で3日3晩踊り明かす。夜はテント場で3泊のテント泊。寝て、起きて、なお森の中でフジロック、という異空間に全身を浸していられる3日間。最高でした。

さて、なぜにフェスの話など始めたのかと言いますと、先だって、ロッキンのチケットが手に入ったからであります。ロッキンは、どうやら夜通しのDJのようなイベントはない模様。一度家に帰るか、どこかに泊まらないといけないらしい。面倒だ。

ロッキンは、果たしてどんな祭りなのだろうか。

文化とは、非論理的であり、下世話なものであります。今年のフェスは、どんな下世話なエピソードが飛び出すのか。タイムラインが今から楽しみです。ロッキンでも、面白いエピソード探してまいります!

 

f:id:dongurime:20160703163939j:plain

新宿歌舞伎町の980円焼肉食べ放題行ったみたルポ

なんとたったの980円で焼肉食べ放題のお店が、

新宿の歌舞伎町にあるという話をききつけ、

行って食べてみました。

 

f:id:dongurime:20151106002109j:plain

 

美味かったーーーーー!

 

結論、美味かったんです。本当に1000円でお釣りが来た。

45分だからといっておかわりを待たされることなくどんどん出てきます。

でも、いかんせん、場所が、歌舞伎町、だったんですよね。

 

f:id:dongurime:20151105234922j:plain

 

なんでかは知りません。なんでかは知りませんがお店まで辿り着く道中、カッコいいスーツのお兄さんやオジサマや若い衆の方が、道の角々に立っていらっしゃる。

角というのは、要は風鈴会館前の交差点のことです。今回お伺いした焼肉屋さんは風鈴会館から道を挟んだ東側のビルの裏手にあります。

 

f:id:dongurime:20151106002155j:plain

 

f:id:dongurime:20151106004215j:plain

 

ここです。

 

私が行ったときは割とお店が込んでいました。さすがは980円のお肉の食べ放題。食したいのは私だけではありません。お店の脇に順番待ちで並ばなくてはなりません。

しかしこの場所はなんといっても天下の歌舞伎町。ただただ待っているだけで様々なイベントが巻き起こります。ステキです。センパイさすがです。

 

私は、ただ焼肉を食べたくて、お店の脇で、列に並んでジッとしていただけなのですが、結果的に目に入ってきたものを、出来事を、時系列に列挙していこうと思います。

 

 

 

①ねずみーランド

 

f:id:dongurime:20151106002138j:plain

 

ガサガサッッ! ガサササッ!

チュー! チュー! チュー!

 

外に並ぶと通行の妨げになるので私たちお客はお店横の通路に並びます。その通路にちょうどゴミ置き場があるのですね。そこに、常時、おっそろしく大きなネズミさんがいるのですね。そう。それはネズミの王国です。ランドです。ランド。

どこかからか水が漏れているのか、ピタッ、ポタッ、と常に水音がし、そして時折、ガサガサッッ! とゴミ袋がすれる音がして、チューチュー! 主の声が木霊します。

この「ガサガサッ!」と「チューチュー♬」 は、重層低音のように待ってる間は常に聞こえます。

 

 

②中国やフィリピンのお姉さまご出勤

 

f:id:dongurime:20151106220628j:plain

 

コツッ! コツッ! コツッ!

 

ハイヒールの音をたて、ドレス来たお姉さんたちが、安い肉に群がる我々を見下すように、むせかえるような香水を漂わせながら通り過ぎます。

フィリピンっぽい方、ドレスがチャイナっぽい方が目につきました。この行列には見慣れているのか、一瞥もしてはくれません。

なんか辛い。

彼女たちの目には、980円食べ放題に群がる私たちの姿はどのように映ったのでしょうか。

なんか辛い。

彼女たちとお話しするお金で、ココの焼肉、何時間食べていられるんでしょうか。

 なんか辛い。

 

f:id:dongurime:20151106002126j:plain

 

 

 

③オカマのお姉さん(?)

f:id:dongurime:20151106223623j:plain

 

ふくらはぎがムッキムキのお姉さん風の元お兄さんがハイヒール履いて前を通ります。IKKOさんにしか見えません。デカイ。肩幅半端ない。ハイヒールはいちゃうからデカイ上に足に力が入って筋肉の盛り上がり半端ない。短距離早そう。

二丁目とは少し離れていますが、この地区にもオカマバー的なところはあるのでしょうか。ただ、イイ匂いはしてきます。

 なんか辛い。

 

 

フルーツのおばさん

f:id:dongurime:20151106004942j:plain

 

タイ人ぽいおばさんが横を通ります。手にはラッピングされたメロンやスイカやブドウの入った、大きいタッパーを持っています。きっと上の階のホストクラブへの出前だと思われます。なるほど、ホストクラブの食べ物は、近時のフルーツショップからの出前なんですね。

あ、おばさんが返ってきた。タッパーの中カラになっています。もちろん、私たちにはめもくれません。

なんか辛い。

 

 

⑤ホストのお兄さんのご出勤

f:id:dongurime:20151107000417j:plain

あの髪はどうやってセッティングしてるのだろうか。

とうぜん、我々はガン無視されます。石ころのような心持です。辛い。

 

 

⑥ビールを買いに走る若手ホスト

f:id:dongurime:20151106232936j:plain

バタバタバタバタバタ!

 

凄い勢いで走る! 俊敏なホスト!

ホストの方もあんな全力で走ることあるんですね。

あ、戻ってきました。

あ、手にビール持ってる。

そうか、先輩に言われてお酒買いにパシらされてたのか。

お疲れ様です!

 

 

⑦寝る始める高橋源一郎風の白髪のオヤジ

f:id:dongurime:20151106234536j:plain

 

オッサンが寝始めました。

私の前に並んでいた白髪のオッサン(高橋源一郎似)が、地面に座り込んで三角座りで寝ています。前の列が進んでもゆすらないと起きない。

 

私「あの、まえ、進んでますよ」

源一郎風の人「お、おぉ」

 

五分後。

 

私「あの、まえ、進んでますよ」

源一郎風の人「お、おぉ」

 

以下略。

なんか、辛い。

 

 

フルーツのおばさん(2回目)

先ほどの東南アジア風おばちゃんが、今度はオレンジやモモとメロンの入ったタッパーを持って現れる。ホストクラブは今日も大繁盛のようでした。

 

 

⑧学生の飲み会

「いやほーーーい!」

早稲田らしき学生の団体がウルサイ。

何故早稲田の学生はすぐに校歌を歌いたがるのか。

辛い、ってか、うざい。

 

 

⑨ヤ〇ザのオジサマ

f:id:dongurime:20151105234923j:plain

 

「なんやぁ、この行列は? おぉ?」

 

「ここの焼肉屋、安いんですよ」

一緒にいた、年下の方のヤ〇ザ風のお兄さんが答えます。チラッと目が合ったような気がしましたが、怖いのでそーーっと焦点を奥に合わせ、遠くを見ているようなふりをしました。

 

「おぉ、そうか。それでこんなに並んどるんか。ははっ」

 

兄貴分のお兄さんは鼻で笑っていらっしゃいました。彼らにしていれば、1000円やそこらのお金で列に並ぶなんて、ありえないことなのでしょう。

辛い以前に、怖い。ツラコワい。

 

 

⑩中田翔っぽいお兄さんがタクシーを蹴る

f:id:dongurime:20151107000203j:plain

 

「おぉぉぉい! どぉこ見てんだ? どこ見てんだっつってんだわ。聞こえねえのか? ここに、ミラーついてんだよな? ミ・ラ・ア、ついてんだろ? ミ・ラ・アがよぉ!」

 

「ぷーーー」と車の警笛の音がしたんですね。

タクシーが、路肩に止まっていた車が突然走り出したのでちょっとぶつかりそうになったので、警笛を鳴らしたんですね。すると、中から、日ハムの中田翔っぽい感じのお兄さんが車から降りてきて、タクシーの前に立ちはだかって、その、車の前のところを、

まず一回蹴ります。

ーーガンッ!

「ミラーあんだろ? ミ・ラ・ア! ミ・ラ・ア!

 

この、「み」「ら」「あ」の言葉に合わせ、

「バン!」「バン!」「バン!」

と手の平で車を力強く叩くんですよね。

もう、目の当たりにして、列になっている我々としては遠くを見ているしかないのです。お安い焼肉食べたさに並ぶ同士全員が、右に左に目線を散らします。

そしてブレない高橋源一郎。寝ています。起きません。さすがです。

 

⑪ついに焼肉を食べる

f:id:dongurime:20151106002113j:plain

 

いや、美味しかったんです。おそらく。きっと美味しかったとは思うんです。

ただ、いろんなことが起こりすぎて、もう、全然味覚えてない。。。

 

f:id:dongurime:20151106002111j:plain

 

おかわりは頼めばすぐにやってきました。

私はレバーが一番好きでした。

わたしは一人焼肉ですが、カウンターがあるので一人でも大丈夫。

そして隣の席を見ると、先ほどまで寝ていた高橋源一郎が食べるわ食べるわ。

まだ20代の私より全然食べる。

すごいですねー。多分あの人、長生きします。

 

すると今度は、高橋さんとは逆隣の二人の会話が気になり始めました。

 

 

⑫嫌々のキャバ嬢とおじさま

 

おそらく、キャバクラのアフターだとは思うのです。

蛭子さんをもう少し若くしてもう少し太らせて、もう少し毛量を多くした感じのおじさま。そしてイカニモなキャバ嬢。髪はモリモリで、タバコをぷかぷか吸っています。その会話が、ひどい。

f:id:dongurime:20151107002751j:plain

 

蛭子さん「肉食べる?」

キャバ「いらなーい。タバコ吸っていいー?」

私(なにしに焼肉屋きたんだよこの子)

蛭「タバコ吸っていいよ」

キ「ふー」

蛭「・・・」

キ「・・・」

蛭「美味しいよ。食べないの?」

キ「食べるー」

蛭「はい。焼けたよ」

キ「ありがとー。あ、美味しーかも」

蛭「でしょでしょ」

キ「うん。でも私ダイエット中だからあんまり食べれないや」

蛭「そっかそっか」

キ「・・・」

蛭「・・・」

 

f:id:dongurime:20151106002116j:plain

 

その後しばらく無言で黙々と焼肉を焼いては食べる蛭子さん風の人。そしてタバコを吸ってスマホをいじり続けるキャバ嬢。

そもそも、キャバ嬢連れ出すんなら、もうちょっと叙々苑的なところに連れて行った方がいいんじゃないかと思う。余計なお世話でしょうど。その子は明らかに店内で浮いていて、激安店に連れてこられるキャバ嬢にしてみたら、安く見られたようで腹立たしいのかもしれないと思う。

キャバ嬢が、新しいタバコに火をつけた。

肉を食べない人が焼肉屋さんにいる。

それが歌舞伎町。

 

蛭「スープ飲む?」

キ「私もうお腹いっぱーい。だいじょうぶー」

蛭「そっかー」

キ「うん。だいじょうぶー」

 

f:id:dongurime:20150606034002j:plain

私(なんか、怖っ・・・)

 

 結論、

 

「怖い!」

 

そんな新宿歌舞伎町の45分980円焼肉食べ放題体験記でした。

 

真夜中ごはん (Next comics)

真夜中ごはん (Next comics)

 

 

でも面白かったから、また行きます!

 

(お肉のお味とか、お店の紹介とかをちゃんと知りたい方は「東京・新宿食肉センター」でググってください。改めて読み返してみて、私のレポは、お店と関係ないところに引っ張られすぎていてどうやら参考になりません。かしこ。)