ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

深海の珍味・オオグソクムシ食べてみた。美味しかった ~実食編~

引き続き、

 

f:id:dongurime:20160326130617j:plain

 

クソクムシを揚げています。

 

しばらく揚げていると、グニュリと黒い袋のようなものが、彼の背中の堅い皮を突き破り出てきた。そしてそれは、油に熱せられ、やがてボフッと弾けた。漆黒の液体が、鍋のオリーブオイル中にすごい勢いで広がり、なんともいえない匂いがプンと鼻を突いた。

 

f:id:dongurime:20160320182844j:plain

 

~~~~~ 前回までのあらすじ ~~~~~

 

北大路魯山人に憧れたわたしはまだ見ぬ珍味を求め世界中を旅し、魯山人ボールと呼ばれる伝説のボールを7つ集めることに成功した。「タニシの佃煮、タニシの佃煮」と呪文を唱えると、突如北大路魯山人は現れた。わたしは魯山人に向かい、「オラに伝説の珍味を!」叫んだ。すると魯山人は「焼津市に『ふるさと納税』するといいよ」と言ってわたしの前から姿を消した。かくして私は、地方財政に貢献しつつ、オオグソクムシの死体を二体手に入れたのだった。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

さて、グソクムシの黒い背袋に話を戻す。

彼の体内からムニュリと飛び出した謎の暗黒物質は深海で食べた腐肉がつまった内蔵が、油で熱せられ膨張し、破裂したのだろうと思われた。わたしは下処理を怠ったことを悟った。

わたしはもう一匹の彼を改めて裏返してみたが、彼のどこが内蔵なのかは良く分からなかった。しかし、おそらく、この辺りのなんか黒いところが内蔵なのではないかと思う。

 

f:id:dongurime:20160320191337j:plain

 

わたしの屍を越えていこうとする諸賢グソクムシを素揚げにするときは内臓を取り除いてから揚げた方がいいぞ。絶対だ。お兄さんとの約束だ☆

 

(さもないとグソ君が食べたドロドロの深海の腐肉が熱せられて鍋一杯に広がってそれはもう☠※〇💀♯◆、、、Oh,my...Ups、、、)

 

さて、なんとか揚がった。さて、どうしよう、、、

 

f:id:dongurime:20160319212458j:plain

 

、、、これは果たして、食べ物なのだろうか?


まだ躊躇がある。頭では分かっていても、わたしの中の誰かが、「コレ食べものじゃねええよww」と訴えている。

しかしうろたえるな!

アメリカではタコは食べられない。あんな気持ち悪いもん食えるか、と彼らは声高に言う。しかし新鮮なタコのお刺身ほど美味いものはない。その日に釣ったイイダコの唐揚げを食べたことがあるだろうか。あれは最高に美味い。ビールがぐいぐい進む、釣り人のみぞ知る妙味である。

真鯛にしても、人の死肉を食らって体が赤い、などといわれ海外では忌み嫌うことろがあるという。新鮮なマダイの塩焼きは最高の贅沢だ。

グソクムシだって、わたしの偏見が邪魔をしているだけで立派な食材だ。珍味だ。見た目だけで判断してはいけない。多分。

 

f:id:dongurime:20160326135823j:plain

 

ーーーザクッ!

 

堅い。外皮の堅さが尋常じゃない。また普通の皮もしっかりしている。さすがは深海の高圧に耐えてきただけのことはある。畏敬の念を感じる。

二つに割ると、中には白い身が収まっていた。収まってはいたが、いかんせん少ない。
カニのようにポンポンと叩くとスルリと身が出てきやしないかと思いポンポンとしてみたが、ビクともしない。続いて指で摘もうとしてみるも上手く摘めない。いろいろ面倒になってカブリつくことにした。

 

f:id:dongurime:20160319212458j:plain

 

ーーーウッ、、、

 

かぶりつく勇気が出ない。

我が胆力のなさにはほとほと呆れる。たかが何かを食べるだけで勇気だなんだと騒ぎ立てる自らを恥じる。

恥じはしたものの、果たしてこれは食べものなのだろうかという根源的懐疑がまた脳裏をよぎる。仮に食べものでないのであれば、躊躇するのはもっともだ。しかし、ことグソクムシに関しては先駆者たちが嬉々として食べてきているのをわたしはネットの海で知り、これは見紛うことなき食べものである、はずであった。

 

f:id:dongurime:20160319212458j:plain

 

ーーートウッ!

カリコリッ!

 

小気味よい歯応えと、外殻が割れるカラっとした音がした。しかし殻ばかりで身の味があまりしない。そして熱いためリップを軽く火傷した。

香りこそ鼻孔を掠めたが、殻ばかりボリボリいうだけで、口の中が切れそうだ。
、、、やはりこれは食べものではないのだろうか。

しかし匂いをかぐとやはりなにやらエビ的な香りはする。食べものっぽいんだけどなあ、と思いつつ、今度は試しに包丁で縦に切ってみる。

 

 

f:id:dongurime:20160326135724j:plain

 


身の部分が見やすくなった。

 

 

f:id:dongurime:20160320182854j:plain

 

爪楊枝 で突き刺したりしながらほじってみる。
プリッと一部が殻から外れた。
あ、これならちょっといけそう。

 

f:id:dongurime:20160320182858j:plain

 

ーーーうっ!

 

おいしい食べもの。おいしい食べもの。おいしい食べもの。

大切なことは何度でも自分に言い聞かせることが大切だ。

 

f:id:dongurime:20160320182858j:plain

 

ーーートウッ!!!

 

パクッ。


あんっ♡

 

f:id:dongurime:20160320195011j:plain

 

これは美味い。


というか、すごい美味い。

すごく小さな一口にもかかわらず、口中にエビのような、それでいてカニのような旨味が広がる。それも、エビの何倍もの濃い旨味が。

たまらずもう一口。

 

うっ。美味いっ。

 

なんとおいしい食べものか。これは食べものだ。まごうことなき食べものだ。わたしの中のわたしがそう認識したのだろう。それから爪楊枝で身をほじる手が止まらない。美味い。ウェイパーをそのまま食べているレベルの旨味だ。チート的に濃い旨味。

 

アッ♡

カニミソっ♡

 

 

f:id:dongurime:20160320195702j:plain

 

ーーーハッ!?


なっ、なんだ今のは!?

 

いま、明らかにエビではなく何故かカニミソの味がした。

ウニのようなトロッとした食感の中からカニミソの味が溢れだしてきた。

なんだいまのは。

わたしは気になってもう一匹のグソ君の上半身(?)を解体した。

 

f:id:dongurime:20160320182900j:plain


すると、身の部分の間に、なんだかウニっぽいかんじの粒々した部位が見つかった。

 

f:id:dongurime:20160320182902j:plain

 

このオレンジ色の何かが、卵的な何かなのか、はたまた謎の寄生虫なのか、はたまた脳味噌的なそういう部位なのかは不明だが、揚げたものを食べると、

 

「アンッ♡ カニミソッ♡」

 

ってなる。

濃いカニミソだ。

 

 

あっ❤︎

アンッ❤︎

カニミソッ❤︎

エビっ❤︎

 

 

完・食!

 

 

結論。オオグソクムシは美味しい食べものでありました。

翌日、謎の高熱におそわれ、腹の中に謎の生命体が蠢きはじめ、後日ついには腹を突き破って大量のグソクムシがっ!!

なんていうこともなく体調も良好そのもの。

困った点としては、あまりに彼の芳香が強すぎて部屋のエビの香りが二、三日とれなかったことぐらい。

 

ーーー越えたな。

 

わたしはそう思いました。

そう、それは魯山人を越えた瞬間であります。

さしもの魯山人も、こればかりは絶対食べていなかろうし、珍味として考えてみてもこんなに妙味な食材も他にないだろう。身を取り出して取りだして茶碗蒸しかなんかに入れたら驚くほど美味いこと間違いなし。

 


【茶碗グソ】

f:id:dongurime:20160320210018j:plain

  

、、、ちょっと悪ふざけにも見えなくないが、身をほぐして入れればきっと美味い。京都の料亭なんかはこっそり混ぜているかもしれない道理で美味いわけだ。

魯山人先生も草葉の陰でさぞや悔しがっておいでであろう。先生を出し抜いた達成感に浸りつつ、今回のグルメレポート(?)を終わりにしたいと思う。

では最後にもう一度。

 

グソクムシは、おいしい食べ物です!

 

f:id:dongurime:20160313132753j:plain 

 

※わたしは大丈夫でしたが、基本的には食べる際は自己責任でお願いします。
焼津市ふるさと納税に関しては非常に貴重な体験ができ、大変感謝しています。
※当該ふるさと納税を利用され、どうしても生きた状態で受け取りたいという場合は、奥様や、使い勝手のいい後輩など、受取人を手配することをお勧めいたします。

ダイオウグソクムシ iPhoneケース 1号たん (限定ゴールド)

ダイオウグソクムシ iPhoneケース 1号たん (限定ゴールド)

 

 

深海生物シリーズダイオウグソクムシ ぬいぐるみ特大 グレー 7317

深海生物シリーズダイオウグソクムシ ぬいぐるみ特大 グレー 7317

 

 

f:id:dongurime:20160326132240j:plain

 

広告を非表示にする

ふるさと納税で深海の珍味・オオグソクムシ食べてみた ~調理編~

白い箱が届きました。

箱はあくまでも軽い。振ると中でゴソゴソと音がする。

 

f:id:dongurime:20160319212445j:plain

 

送り主は、長谷川さん。

 

f:id:dongurime:20160319212447j:plain


この名前だけで分かる人には分かってしまうかもしれない。
長谷川さんは日本で唯一の深海魚専門の漁師。わたしはその芳名を見ただけで、なにか武者震いに近いものを覚えた。

 

「飼うもよし、食べるもよし。生きたままクール便で郵送します」

 

そんな奇っ怪な売り文句に、わたしはワクワクを禁じ得なかった。
ことの経緯は前回記事をご参照いただきたいが、

 

【前回 : オオサンショウウオは腹を裂くと山椒の芳香がして美味い。 

 

要はわたしは、まだ見ぬ美食を求めさまよう内、とある「ふるさと納税」を発見したのだった。焼津市ふるさと納税では、世にも珍しい珍味が手に入るという。


私は早速、焼津市のHPにアクセスし、用紙をプリントアウトし、記入、郵送した。翌週、早速送り返されてきた振込用紙に書かれた口座にお金を振り込んだ。それから3週間が経った。

3週間は長かった。実はこれは、巧妙な「振り込み詐欺」だったのではないかという思い始めたが、さしもの詐欺集団とて、「オオグソクムシ詐欺」などという誰が喜んで引っかかるのか全く分からない奇っ怪なスキームを実行することはなかろう、とわたしは論理的に考え、自らを慰めた。


そこで改めてHPを見てみると、入金を確認してから長谷川さんに連絡をし、それから漁に出てもらい、獲物が採れ次第クール宅急便で郵送をするという一連の流れがあるらしい。確かにこのところ天気も悪かった。 

 

そんなある日、郵便受けに一枚の不在通知が。 

「あっ」と思わず声が出た。

やはり詐欺ではなかったし、送り主の長谷川さんの名に驚いたこともあった。そしてなにより私の心に去来したのは、

 

「明日には腐ってんじゃね?」

 

ということだった。

 

不在通知。そう、受け取れなかったのだ。
その日採れたものを即座にクール宅急便で宅配したとして、朝イチの便に乗せて到着したのが今日の午後二時。たしかに今日ならまだ生きていよう。

しかし本日の再配達はもう終わっているし明日は所用で帰宅が遅い。となると、私がグソ君を受け取れるのは明後日の夜。
あ、申し遅れておりましたが、今回私は深海の珍味・オオグソクムシを食べようとしています。

 

f:id:dongurime:20160319213545p:plain

 

さて本題に戻りますと、わたしは生きたオオグソクムシが手元に届くことを想定しており、


ーーー1匹は飼育をしつつ、1匹は唐揚げにして食べよう。


などと考えていた。


しかし事態は急を告げ、深海の生物を陸に放りあげ、挙げ句多少ひんやりとした発泡スチロールの箱に三日も放置したらそりゃあもう絶対死にます。

やべえ。

 

そして、二日後。。。

 

やっと届いた小包をゆっくり開く。

私は思った。でもポジティブに考えたら、彼は深海の生物だからきっと圧倒的なゴキブリ的生命力でどっこい生きててビチビチと跳ね回っているかもしれ死んでるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

f:id:dongurime:20160319212500j:plain

 

プンと鼻を突く酸っぱい若干の死臭。


「うおぉ・・・」


一人暮らしのキッチンにたたずむ謎の深海生物の死骸と私。この絶望感。

家で待ってくれていて、宅配をいつでも受け取ってくれるワイフがいないと、元気に生きているグソ君と合間見えることは出来ないのか。

グソ君は独り身に対して厳しい。

  

一匹は食べて~、もう一匹は水槽で飼育するんだっ♡


などと浮かれていた一昨日の自分が悔やまれる。棚の奥から引っ張り出してきた水槽が、むなしく塩水をたたえてキッチンの隅でたたずんでいる。

 

辛い。
臭い。
臭辛い。


生きるとはそもすなわち苦しみなのですね、と思わず仏の道に帰依しそうになるところをグッと堪えてお箸で彼を摘んでみる。

 

f:id:dongurime:20160319212456j:plain

 

オオゥ。
グソ君。

ズッシッした質量だった。


深海の掃除屋として魚や鯨、その他諸々の死肉を食らう彼らの業が、お箸から、右手からわたしに染み込んでくる気がした。

 

f:id:dongurime:20160319212452j:plain

 

改めて、スーパーにパックで陳列されていたら、という図にしてみた。


狂気の沙汰。


どこか東南アジアで、「この国では食卓に良く上がる食材なんですよ♪」なんて現地ガイドに言われたら、納得できそうな気が一瞬はするかなと思ったけれどやはりそんなことはないこれは食べちゃいけない何かだと思う。


私はエビが苦手だ。ルックスが気持ち悪いからだ。脚が何本もにょろにょろと生えていて、お正月にお節などによく入っているけれど、全然めでたいと思えない。しかし、グソ君ときたら、そんなエビさんなどお話にならないほどのぶっちぎりの存在感。


なんというか、こう、ムシ感がすごい。巨大ダンゴムシ的な迫力がある。ダンゴムシは手の平で丸まってころころと転がっているからかわいいのであって、手の平に収まらないほどのサイズ感ともなると話は別だ。油断してると手の肉ごと食いちぎられそうな恐怖を感じる。

(まあこのグソ君は残念ながらもう死んでるからその心配はないわけだが)

 

f:id:dongurime:20160319212456j:plain

 

匂いをかいでみる。

磯の香りと、海の生き物の死臭がする。

ただ、スーパーに並んでいる魚と同程度の臭さではある。


わたしは釣りをする。

その日に釣って正しく血抜きをして氷につけたお魚は、匂いをかいでも、内蔵を取り出しても臭くない。だからスーパーのお魚は、たとえ「お刺身用」なんか書いてあっても臭くて食えたもんじゃない。焼くか揚げるかしないと食べたくない。

そう考えると、この程度のにおいであれば、やはり調理をすれば全然食べれるものとわたしは判断した。

 

怖いけど。

 

f:id:dongurime:20160319212457j:plain

 

ーーージュ~~~~~~~~~~~~~!!
ーーーパチパチパチッ!
ーーーポンッ!

 

熱したオリーブオイルの海に彼を横たえるとすぐにかしましい音がし、甲良の色がサッと白く変色し、エビやカニの甲良を熱したときの香ばしい匂いがブワッと一気に部屋中に広がった。


すごく!
すごく食欲をそそる匂いだ!


後になって分かったことだが、この匂いはマンションの廊下にまで流れ出ていたようだった。この匂いに釣られて夕食をエビフライにした家庭もあろうが、残念、あなた方のエビでは何匹揚げようとここまで濃厚な香りはしまい。

 

芳香をマンション中に垂れ流しながら彼はこんがりと揚がった。

 

f:id:dongurime:20160319212458j:plain

 

次回、果たしてわたしはオオグソクムシを食べるのか!
本当に食べれるのか!
乞うご期待!

 

(※食べました)

 

思ったより長くなってしまったので、

次回に続く。

 

f:id:dongurime:20160319213810j:plain

広告を非表示にする