ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

博多の旅

博多「らるきい」のタマペペが本当に美味しかった件 ~博多大吉先生の教えにウソはない~

太宰府天満宮にて菅原先輩にあいさつを終えた我々は、再び博多の街をさまよっていました。グルメの都・福岡・博多まできているにもかかわらず、腹を減らしてさまよっていました。 (前回:菅原道真が大物過ぎて梅の木が宙を飛ぶ件 - ニッポンたのしい。) 「…

菅原道真が大物過ぎて梅の木が宙を飛ぶ

引き続き、甘木と太宰府天満宮にきています。 (前回:太宰府天満宮前のものすごいオシャレなスタバで思わず春を感じる) 「菅原道真といえば、こち吹かば~、だな」 「コチって、魚のコチっすか?」 「なわけなかろうが」 「あれ美味いんすよねー」 「だか…

太宰府のものすごいオシャレなスタバで思わず感じる春の風

~前回のお話~ 「この伝説の剣で、山奥に住む悪い竜を倒してくだされ・・・」 勇者にしか抜けないといわれる伝説の剣を手にした私と甘木は、村人の期待を一身に受けつつ博多の地を後にした。山深くに住むという、太古の雷竜を倒すたびに出るのであった。 (…

『博多うろん』にならっていろんなものを濁点抜きにしてみた

人見知りなのに黙っていられない性分をしています。めんどうくさいといわれます。どんぐりです。 (前回:博多のラーメンチェーンは新宿店で食った方が良いことを本店で食って確認した) 『焼き餅、うまし! @櫛田神社』 甘木がインスタをアップしていまし…

『一風堂』や『一蘭』は、新宿店で食った方が良いことをわざわざ博多本店で食って確認してきた

~前回のお話~ 「オラ、もっと強えヤツと会いてえ」 漢の中の漢を求め辿り着いたのは西の都・博多。豚骨スープの産湯に浸かり育った猛者たちは中洲に集うという。我々は意を決し中洲に乗り込む。漂う硝煙の香と、ジワリと滲む冷や汗を感じながら。 (前回:…

ラーメン食いにちょっと博多へ旅に出てみた件 ~西は花粉症が軽いと聞いて~

花粉症が軽いと聞いて、LCCで福岡にとんだ私と甘木。さっそくのノープランではありますが、互いに文句を言いあいつつも絶品もつ鍋を食し、博多の初日を終えるのでした。

【まとめ】 楽しい博多を旅してきました ~次は萩と広島~

桜が見頃な博多へ旅してきました。 登場人物①わたし 唐沢寿明っぽい顔してる、と初対面のお姉さんに先日言われた。顔が昭和なのだろうか。若干人見知り。たまにハーフと間違われる。築地の回らない寿司屋でお寿司を食べるの史上の幸せとだと思っている。 登…