読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

新宿

シティーハンターが好きすぎて、冴羽獠を2015年版にしてみた【中編】

<前回の話> 一人の女が、ゴールデン街のリョウの元を訪ねた。姉を探してほしいと言う。ただの人探しとあって面倒だと最初こそ思ったが、リョウには写真の横顔に見覚えがありその依頼を引き受けることにした。 (冴羽獠が好きすぎて、シティーハンターの二…

梅雨なので、寄席で正楽さんに紙切りしてもらった。【後編】

今週のお題「梅雨の風景」 ◆ ◆ 前回のあらすじ ◆ ◆ おっす! オラ悟空! べジータ、魔人ブウを倒すにはまともに戦ってちゃ駄目だ! 魔人ブウ! お前を倒す方法がわかったぜ! 、、、なんていう熱い展開ではなく、梅雨で憂鬱なので新宿の寄席にいます。 梅雨…

梅雨で憂鬱なので、寄席で林家さんに、紙切りしてもらった。【前編】

みなさんは、『紙切り』をしてもらったことはありますか? 新宿の末広亭で林家正楽さんに、 大声で叫んだらその場でこんなのを切ってくれました。 今週のお題「梅雨の風景」 梅雨。うっとおしいですね。憂鬱ですね。こんなときは、寄席で紙切りしてもらうに…

冴羽獠が好きすぎて、シティーハンターの二次小説書いてみた【前編】

女が、一歩ずつ踏みしめるように階段を上がってきた。ここは新宿ゴールデン街。女が一人で酒を飲みに来て不思議はない。 「一人なんですが、、、」 「どうぞ、こちらへ」 「ありがとう」 女は止まり木に腰を下ろし、何を話すわけでもなくバーの窓から外を見…

彼らの心の新宿に、シティーハンターはもういない

大学の後輩が、シティーハンター、冴羽りょうを知らない。後輩はまだ18だからジェネレーションギャップもさることながら。今日も今日とて日々変わりつつある新宿に思いをはせます。

大雨や台風で暇すぎる日にできるレジャーを考えてみた

私は、大雨や台風の日によく外出をします。 理由は、どこの施設も空いているからです。普通の人は家にいますから、ある意味当然でしょうか。でも私は天邪鬼なのでついつい外に出ます(自己責任)。 仕事なら、雨が降ろうが槍が降ろうが会社行っちゃいますよ…

ゴールデン街には、いろんな猛者が集ってた。 ~スペイン人と俵万智~

◆◆ 前回までのお話 ◆◆ センパイに勧められ、意を決して訪れた新宿は、ゴールデン街。連れだって行ったスペイン人ペドロの手引きによりさっそく外人とワインを少し飲み、続いて近くの2件目のお店へ上がり、低温でジックリ煮込むような大人のドロリとした恋愛…

新宿ゴールデン街は、いろんな愛で溢れてた ~浮気、不倫、ゲイ疑惑~

ゴールデン街と言ったらこのラーメン。らしい。 24時間営業。らしい。煮干ラーメン、凪。 ゴールデン街初めてだからまだあんまり知らないけど有名らしい。 ◆前回のあらすじ◆ ペドロと共に「マサラタウン」から旅に出た私は、イワークを倒し、カビゴンを叩き…

初めての新宿ゴールデン街でお酒を飲んでみた。ルポ1。 ~外国人がいっぱいだった~

ゴールデン街行ったことナイの? 楽しいのに。 そんなことを夏江姉さんに言われました。 行ってみることにしました。 This photo of Shinjuku Golden Gai is courtesy of TripAdvisor 「行ったことないの?」 そういえばテレビでマツコさんが、 『ゴールデン…

永遠に新宿のバーを飛ぶ

見上げると、大きな鳥が飛んでいました。その白い鳥は、ビルの狭間の手狭な夜空を飛んでいました。煌々と照らされるのがうっとおしくはあるけれど、それでも飛ぶのは新宿の空でした。その白い大きな鳥には決まった寝床はなく、方々の街の灯りの上を飛び、と…

【まとめ】 楽しく萩・広島観光してきた ~西新宿の「テムジン」にて一口餃子食べつつ後日談~

―――ブゥゥウエェッッブシュ!! 「甘木さあ」 ―――エッブッッシ! 「聞いてる?」 「ブシッ! は、はい」 「花粉症終わったんじゃなかったの?」 「東京戻ってきたら、全然ですね。絶好調花粉症っす。うっあっ! くっ! あ、大丈夫でした」 「そうか」 私と天…