ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

落語

新宿で一人、完全に有意義な休日を過ごした日のこと

ある朝、気がかりな夢から目ざめたとき、自分が松坂桃李に変ってしまっていた。などということはなく激しめの二日酔いでした。 いえ、なにも、松坂桃李でなくても、福山雅治でも、向井理でも全然よかったのだけれど、やはり、ただの二日酔いの私が、新宿区内…

気品と、技と、桂米朝。

中学生の頃でしょうか。 親に連れられて米朝さんの独演会に行きました。 暑い日でした。 トリの演目は、『怪談市川堤』でした。人間国宝が怪談をみっり語り、最後はイリュージョン仕立てで座布団に座った米朝さんがフワリと浮き上がり、突然会場が暗転し、客…