ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

読み物

人にものを勧めることはアナルセックスだと思うが良い。

人にものを勧めるときは、 アナルセックスを思い浮かべると良い。 文字通りの意味であります。 が、自分の経験でなくていい。 人に何かを勧められた経験は誰にでもあるでしょう。 おすすめの本、趣味、スポーツ、映画、おすすめの新興宗教、おすすめのネズミ…

ウミガメの握りと味噌煮込み ~食い道楽帖その10~

ウミガメを食べたことがある。 アオウミガメだった。 小笠原諸島の父島の寿司屋で食べた握りは美味しかった。上に臭み消し用の生姜がチョコっと乗っていたが、別になくても臭くはないと思った。味としては馬刺しにも似た生々しい味わいがして、悪くなかった…

ラーメンの道 ~食い道楽帖その8~

新宿に向け、四谷は、本塩町の路地にとめてあるクリーム色の愛車に颯爽とまたがり、颯爽と漕ぎ出す。四谷見附を右に折れ新宿通りを疾走する。四谷三丁目、新宿一丁目、新宿御苑、二丁目、そして伊勢丹があり、紀伊国屋があり、スタジオアルタの前に厳重に鍵…

日本酒のトレンドは「雄町」と「ATSUKAN」 ~食い道楽帖その7~

ニューヨークからの留学生は「ATSUKAN(熱燗)」だけを覚えて帰った。 お酒というと、ビール、ウイスキー、ワインの赤・白、日本酒、焼酎、チューハイ、ジン、ウォッカ、などあげればきりがないが、いま8年間お酒を飲んできた結論として、結局は日本…

京懐石の八寸の、黒豆とへしこ寿司。 ~食い道楽帖その6~

八寸を肴に飲む日本酒は至上である。 京都は木屋町に「はっすんば」というお店があった。ずいぶんと楽しく美味しく飲んだのを覚えている。懐石の「八寸」を作るがための場所、なんてことを言いたかったのであろう。古代米を使った「伊根満開」を美味しくいた…

海のフォアグラと称されるカワハギの肝。 ~食い道楽帖その5~

阿呆を言うな。 フォアグラが、陸のカワハギの肝なのだ。 話の肝(キモ)、などというように、本質は肝にある。旨味もまたしかり。肝といったらフォアグラだろう、鮟鱇ではなからふかなぞ思索された諸賢もおられるとは思うが、此度は違う。カワハギである。…

卵はコスパ ~食い道楽帖その4~

世に卵ほど安価に滋養競争をつけれるものがあるだろうか。 卵かけ御飯、と銘打ってCDにまでなった人間国宝・柳家小三治師匠のマクラ(落語の前の漫談)がある。その昔、小三治師匠の幼き頃は卵屋さんで新聞紙にくるんでもらう際、日の光に透かして中を見た…

真田堀の甘柿 ~食い道楽帖その3~

四谷の真田堀には、桃源郷ならぬ、柿源郷がある。 かつて江戸城の外堀であった真田堀は現在大学のグラウンドになっていて、日々、野球やサッカーや陸上やアメフト、ラグビー、ゴルフ、テニス、弓道などが行われている。 グラウンドから丸ノ内線四ツ谷駅を見…

至福のポークジンジャー定食 ~食い道楽帖その2~

【ポークジンジャー定食】 これは、美味かった。私が東京に来て食べたもので最初に感動を覚えたのがこの、四谷の名店、『エリーゼ』のポークジンジャー定食であった。 四谷にあるしんみち通りの入り口右手には、かつて『エリーゼ』という洋食屋があった。わ…

食い道楽とは、なんぞや。 ~食い道楽帖その1~

北大路魯山人の食レポエッセイを読んでいて、すごく面白い。あまりに面白いので、私も書いてみようと思った。 北大路魯山人: 120話すべて収録+綺麗な写真と読む 作者: 北大路魯山人 出版社/メーカー: 楽しく読む名作出版会 発売日: 2014/12/22 メディア: Ki…

メディアとオッサン達によるハロウィン叩きが始まった

渋谷行ってきました。ハロウィン観てきました。 結論から申し上げますと、 超・オモシロイ! 明らかにドンキで買ったらしいピカチューやスティッチ、小悪魔、ミニー、マリオ、あたりはありきたりすぎてもはやモブキャラ。全然目立たってない。 私が今日見た…

新卒採用面接など茶番だと証明してみる

『ありのままのあなたを話してください』 『あなたの本音で話してください』 なんて、その昔、新卒採用面接時に面接官に言われたことがあります。みなさんも似たような経験、ありますよね??? 「えっ?本当にありのままの私でいいんですか?」 そのとき、…

『ヨルタモリ』が放送終了しようが一向に構わない

私はタモリ・フリーク トピック「ヨルタモリ」について 「ヨルタモリ」が終わることが旬のトピックに上がっていたので、タモリ・フリークの血が騒ぐので何か書いてみようと思う。私にしてみれば、「ヨルタモリ」ぐらい終わったたところで全然かまわない。む…

前進社の中核派青年活動家に勧誘されてみた

みなさんは革命を志したことはありますか? 「いっしょに共産主義革命を目指しませんか?」 そう聞かれたら、どうしますか? その日は震災前の夏、夕暮れどきのことでした。私は大学の部室で一人でいたとき、彼は現れました。

シティーハンターが好きすぎて、冴羽獠を2015年版にしてみた【中編】

<前回の話> 一人の女が、ゴールデン街のリョウの元を訪ねた。姉を探してほしいと言う。ただの人探しとあって面倒だと最初こそ思ったが、リョウには写真の横顔に見覚えがありその依頼を引き受けることにした。 (冴羽獠が好きすぎて、シティーハンターの二…

梅雨なので、寄席で正楽さんに紙切りしてもらった。【後編】

今週のお題「梅雨の風景」 ◆ ◆ 前回のあらすじ ◆ ◆ おっす! オラ悟空! べジータ、魔人ブウを倒すにはまともに戦ってちゃ駄目だ! 魔人ブウ! お前を倒す方法がわかったぜ! 、、、なんていう熱い展開ではなく、梅雨で憂鬱なので新宿の寄席にいます。 梅雨…

梅雨で憂鬱なので、寄席で林家さんに、紙切りしてもらった。【前編】

みなさんは、『紙切り』をしてもらったことはありますか? 新宿の末広亭で林家正楽さんに、 大声で叫んだらその場でこんなのを切ってくれました。 今週のお題「梅雨の風景」 梅雨。うっとおしいですね。憂鬱ですね。こんなときは、寄席で紙切りしてもらうに…

冴羽獠が好きすぎて、シティーハンターの二次小説書いてみた【前編】

女が、一歩ずつ踏みしめるように階段を上がってきた。ここは新宿ゴールデン街。女が一人で酒を飲みに来て不思議はない。 「一人なんですが、、、」 「どうぞ、こちらへ」 「ありがとう」 女は止まり木に腰を下ろし、何を話すわけでもなくバーの窓から外を見…

昆虫料理の本を買い、虫を食べてみることにした件

昆虫料理って食べたことありますか? いわゆる昆虫食と呼ばれるもの。虫を食べた記憶は私はないです。記憶の限りでは。 『人生が変わる!特選 昆虫料理50』 勢いでこんな本買ってみました。「そうだ、虫食べよう!」と思い、図らずも衝動買いをしてしまいま…

タモリの同人誌を買ったので、タモリ公式レシピのカレー作ってみた。

タモさんの公式レシピでカレー作ってみました。 結論から言うと、メチャウマでした! 同人誌ってご存知ですか? 薄い本などと呼ばれる、年に2回有明ビックサイトのコミケで売られる、個人製作のパロディー作品が同人、ないしは同人誌と呼ばれる、薄くてお高…

日曜が憂鬱すぎて、おひとりさま皇居ランでサクッと失恋してきたゾ☆彡

東京のOLのステータス! 丸の内の素敵OLの特典! ★皇居☆RUN☆彡してきたぞっっ!!(*´▽`*)☆ミ おひとりさまで。 サンデーナイトブルー、サザエさん症候群、月曜日怖い、日曜日の夕方から憂鬱すぎる死ぬ、鬱の出始めなどなど、言い方はいろいろありますが、そ…

たった一人で、完全に有意義な休日の一日を新宿で過ごす方法 ~友達なんて、いなくたって~

ある朝、気がかりな夢から目ざめたとき、自分が松坂桃李に変ってしまっていた。などということはなく激しめの二日酔いでありました。 いえ、なにも、松坂桃李くんでなくても、福山雅治でも、向井理でも全然よかったのだけれど、やはり、ただの二日酔いの私が…

バルト9で蟲師のギンコさんに有名人の「蟲」について相談してみた

『蟲師 特別編「鈴の雫」』を新宿バルト9で観てきました。 ギンコさんステキー。 相変わらず、いい音してる作品です。 ふと思ったのが、私が敬愛する方々も、あれはなにか「蟲」が憑いてあの能力や魅力を発揮しているのではないかと思い、診てもらうことに…

永遠に新宿のバーを飛ぶ

見上げると、大きな鳥が飛んでいました。その白い鳥は、ビルの狭間の手狭な夜空を飛んでいました。煌々と照らされるのがうっとおしくはあるけれど、それでも飛ぶのは新宿の空でした。その白い大きな鳥には決まった寝床はなく、方々の街の灯りの上を飛び、と…

全てがカレー味! 噂のカレー居酒屋『やるき』で飲んでみた  ~限りなくカレーに近いカレー~

EDがちでな田島がカレー好だったので、新中野にあるトニーさんのカレー居酒屋「やるき」で飲むことにしました。 個々のお店の特徴は、とにかくすべてがカレー味なのでした。カレー味の焼き鳥、おでん、焼き魚、煮込み、モツ煮、唐揚げ、煮物その他もろもろと…

ジャパンスネークセンターで蛇料理食べてきたヘビ。【後編】

~前回のあらすじ~ 将来に対するただぼんやりとした不安に襲われた私と甘木は、珍しいものでも食べれば勢い人生観変わったりしないかなあ、などというザックリとした考えのもとヘビを食べにはるばる秘境の地・群馬までやってきた。 しかし甘木はすっかりヘ…

ジャパンスネークセンターで蛇料理食べてきたヘビ。【前編】

ジャパンスネークセンターでヘビ料理食べてきました。 「あのう、どんぐりセンパイ」 「なんだね、甘木」 「なんか、つまんねっすね」 「うむ。生きてて楽しいことなんか何もないのかもしれないな」 そのとき私は、後輩の天木と二人、フローリングに寝転がり…