ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

冴羽獠が好きすぎて、シティーハンターの二次小説書いてみた【前編】

女が、一歩ずつ踏みしめるように階段を上がってきた。ここは新宿ゴールデン街。女が一人で酒を飲みに来て不思議はない。 「一人なんですが、、、」 「どうぞ、こちらへ」 「ありがとう」 女は止まり木に腰を下ろし、何を話すわけでもなくバーの窓から外を見…

彼らの心の新宿に、シティーハンターはもういない

大学の後輩が、シティーハンター、冴羽りょうを知らない。後輩はまだ18だからジェネレーションギャップもさることながら。今日も今日とて日々変わりつつある新宿に思いをはせます。

昆虫料理の本を買い、虫を食べてみることにした件

昆虫料理って食べたことありますか? いわゆる昆虫食と呼ばれるもの。虫を食べた記憶は私はないです。記憶の限りでは。 『人生が変わる!特選 昆虫料理50』 勢いでこんな本買ってみました。「そうだ、虫食べよう!」と思い、図らずも衝動買いをしてしまいま…

カープ黒田さんソフトバンクを黙らせ6勝目。8回無失点、熱投118球!【6/12】

黒田博樹圧巻のピッチングで6勝目。交流戦負けなしの3連勝! 以前の記事にも書きましたが、交流戦に入ると黒田さんの球を見慣れていないパリーグのチームばかりと当たることになるため、黒田さんには相当有利だろうなと思っていました。しかしその予想を上…

タモリの同人誌を買ったので、タモリ公式レシピのカレー作ってみた。

タモさんの公式レシピでカレー作ってみました。 結論から言うと、メチャウマでした! 同人誌ってご存知ですか? 薄い本などと呼ばれる、年に2回有明ビックサイトのコミケで売られる、個人製作のパロディー作品が同人、ないしは同人誌と呼ばれる、薄くてお高…

黒田さん連敗止める5勝目。マツダスタジアムで未だ負けなし!【6/5】

黒田さんと新井さんと誠也で連敗を止めた! 新井さんのダイビングキャッチすごかった! あと、誠也! ノースリーからよく打った! 若いのにベンチのサインで「打て!」と出たのでしょう。ナイスベンチワーク。 あれを振らずに押し出しフォアボールだったら絶…

日曜が憂鬱すぎて、おひとりさま皇居ランでサクッと失恋してきたゾ☆彡

東京のOLのステータス! 丸の内の素敵OLの特典! ★皇居☆RUN☆彡してきたぞっっ!!(*´▽`*)☆ミ おひとりさまで。 サンデーナイトブルー、サザエさん症候群、月曜日怖い、日曜日の夕方から憂鬱すぎる死ぬ、鬱の出始めなどなど、言い方はいろいろありますが、そ…

黒田さん、最多死球とバックドアスライダーで4勝目 ~打倒オリ姫!負けるなカープ女子~

かわいいオリ姫と、えげつない黒田博樹 オリ姫かわいい。帽子斜めにかぶってヘソ出しにホットパンツとか。可愛い。応援し慣れているんでしょうか。ポッと出のカープ女子よりも、ユニフォームファッションがこなれている気もします。 でも試合結果は3タテ!…

たった一人で、完全に有意義な休日の一日を新宿で過ごす方法 ~友達なんて、いなくたって~

ある朝、気がかりな夢から目ざめたとき、自分が松坂桃李に変ってしまっていた。などということはなく激しめの二日酔いでありました。 いえ、なにも、松坂桃李くんでなくても、福山雅治でも、向井理でも全然よかったのだけれど、やはり、ただの二日酔いの私が…

バルト9で蟲師のギンコさんに有名人の「蟲」について相談してみた

『蟲師 特別編「鈴の雫」』を新宿バルト9で観てきました。 ギンコさんステキー。 相変わらず、いい音してる作品です。 ふと思ったのが、私が敬愛する方々も、あれはなにか「蟲」が憑いてあの能力や魅力を発揮しているのではないかと思い、診てもらうことに…

カープ黒田さん7回1失点で復調完了。勝ち星ないけど菊池サヨナラホームラン

黒田さん完全復調で7回1失点! 菊池のサヨナラホームランでカープも勝った! 黒田さん4勝目ならず。現在3勝2敗。 防御率は3.35。7回1失点。 防御率だけみると、先発ローテーションの中で一番数字悪いですね、、。 でもいいんです。この貧打カープにおい…

カープのカピバラさん。大瀬良大地の絶好調の2015年を調べてみた。

未来の大エース、大瀬良大地。 広島の当代エースは、当然にマエケンです。 マエケンの前のエースは黒田です。 次世代のエースは、大瀬良くんでしょう! (ま、間にノムスケや、福井さんどちらか挟んだりはあると思いますけれど、その先に全然ある話だと私は…

カープ黒田さん、抹消から復帰するも誤審と荒れ球に泣き降板

ああ、黒田さん。5回4失点で降板 黒田博樹が右足首の炎症による故障から復帰して、マツダスタジアムでの初登板。 でーしーたーがー、首位横浜DeNAにやられちゃいました。 今日の負けを一言でいうならば、 ・原因は「荒れ球」 ・キッカケは「誤審」 5月1…

大雨や台風で暇すぎる日にできるレジャーを考えてみた

私は、大雨や台風の日によく外出をします。 理由は、どこの施設も空いているからです。普通の人は家にいますから、ある意味当然でしょうか。でも私は天邪鬼なのでついつい外に出ます(自己責任)。 仕事なら、雨が降ろうが槍が降ろうが会社行っちゃいますよ…

ゴールデン街には、いろんな猛者が集ってた。 ~スペイン人と俵万智~

◆◆ 前回までのお話 ◆◆ センパイに勧められ、意を決して訪れた新宿は、ゴールデン街。連れだって行ったスペイン人ペドロの手引きによりさっそく外人とワインを少し飲み、続いて近くの2件目のお店へ上がり、低温でジックリ煮込むような大人のドロリとした恋愛…

新宿ゴールデン街は、いろんな愛で溢れてた ~浮気、不倫、ゲイ疑惑~

ゴールデン街と言ったらこのラーメン。らしい。 24時間営業。らしい。煮干ラーメン、凪。 ゴールデン街初めてだからまだあんまり知らないけど有名らしい。 ◆前回のあらすじ◆ ペドロと共に「マサラタウン」から旅に出た私は、イワークを倒し、カビゴンを叩き…

初めての新宿ゴールデン街でお酒を飲んでみた。ルポ1。 ~外国人がいっぱいだった~

ゴールデン街行ったことナイの? 楽しいのに。 そんなことを夏江姉さんに言われました。 行ってみることにしました。 This photo of Shinjuku Golden Gai is courtesy of TripAdvisor 「行ったことないの?」 そういえばテレビでマツコさんが、 『ゴールデン…

永遠に新宿のバーを飛ぶ

見上げると、大きな鳥が飛んでいました。その白い鳥は、ビルの狭間の手狭な夜空を飛んでいました。煌々と照らされるのがうっとおしくはあるけれど、それでも飛ぶのは新宿の空でした。その白い大きな鳥には決まった寝床はなく、方々の街の灯りの上を飛び、と…

黒田さんヤクルト小川に投げ負け2敗目。クオリティスタート初失敗で、6回5失点大炎上

明治神宮球場で黒田さんの先発試合観てきました 日本球界復帰後初の中5日での黒田さんの先発試合でした。40歳なのに、中5日はキツイのではないのかしら、と少し心配ではありました。 また今日は、風がバックスクリーンに向かって真っすぐに吹いていました。…

全てがカレー味! 噂のカレー居酒屋『やるき』で飲んでみた  ~限りなくカレーに近いカレー~

EDがちでな田島がカレー好だったので、新中野にあるトニーさんのカレー居酒屋「やるき」で飲むことにしました。 個々のお店の特徴は、とにかくすべてがカレー味なのでした。カレー味の焼き鳥、おでん、焼き魚、煮込み、モツ煮、唐揚げ、煮物その他もろもろと…

【まとめ】 楽しく萩・広島観光してきた ~西新宿の「テムジン」にて一口餃子食べつつ後日談~

―――ブゥゥウエェッッブシュ!! 「甘木さあ」 ―――エッブッッシ! 「聞いてる?」 「ブシッ! は、はい」 「花粉症終わったんじゃなかったの?」 「東京戻ってきたら、全然ですね。絶好調花粉症っす。うっあっ! くっ! あ、大丈夫でした」 「そうか」 私と天…

念願のマツダスタジアムでカープ応援した。当然カープ勝った。

「甘木クンさあ」 「サ、サーセン、、、」 「なんでこうも、甘木と食べに行く先々は全部定休日なの?」 「、、、不思議ッスね」 「日ごろの行いじゃない?」 「日頃の行いは良いので、それではないっすね」 「で、どーするのだね。すげー腹減ってるんだが」 …

旅の後半。広島へ突入 ~聖地尾道、宮島、ゲストハウスroku~

宮島は厳島神社へ来ています。 「雨っスね」 「雨だな」 「てか、あの辺とか、ものすごい、床上浸水してるんスね」 「うむ。床上浸水する前提の物件だから、あれでいいんだ」 「そーなんスか?」 「ほら、床板に隙間が空いているだろう?」 「あ、そっスね。…

黒田さん藤波と乱闘しつつ3勝目。開幕より5試合連続QS継続中。やはりツーシームと、シンカーまで打たれる。

阪神藤波との乱闘騒ぎ。広島ベンチが引き締まる 送りバントの構えを見せる黒田に、藤浪は内角に3球続けて速球を投げ込み、うち最後の2球はすっぽ抜けの危険球。 「おい!」 「なめとんのか?」 黒田さんもこわっすね。また、ケガも怖いですね。 2013年の智徳…

モノノフボーイの憂鬱② ~萩のrucoにて、雄町米の『福娘』飲みながら~

「萩の月」って、仙台のお菓子なんですね。ずっと山口のものだとばかり思っていました。どんぐりです。 (前回: モノノフボーイの憂鬱① ~萩をレンタサイクルで走りすぎてお腹すいた~) カラオケスナックっぽいお店で、60くらいのママさんを相手に350円の…

モノノフボーイの憂鬱①

私と甘木とモノノフボーイは萩の街をレンタサイクルで疾走していました。 「見よ。甘木、モノノフボーイよ」 「「はあ」」 「この『一文字に三つ星』こそが毛利の旗印である」 「はあ」 と甘木はなんともいえない声を出しました。 「あ、これ見たことありま…

幸せの意味を、ほろ酔いの夜に考える。

ほろ酔いの夜に、 幸せの意味とか、 幸せになる近道とか 真面目に考えてみた。 ◆世界一幸せな国ブータン 世界一幸せと言われる国ブータンは、物質的に豊かな国ではありません。アイフォンを見たことすらない人が大半。低水準な衛生事情・医療事情もあり、平…

ゲストハウスruco、萩のオアシス② ~アコースティックライブの夜~

山口は、萩に来ています。 (前回のお話:ゲストハウスruco、萩のオアシス① ~萩市観光はホテル・旅館ではなくゲストハウス~) 真っ暗な山間を鈍行列車を乗り継ぎ乗り継ぎ、やっとのことで辿り着いたのはrucoというゲストハウス。ゲストハウスは明るい光で…

ゲストハウスruco、萩のオアシス① ~萩市観光はホテル・旅館ではなくゲストハウス~

山口県は、萩にオアシス見つけました。 (しかも一泊2,800円) 居心地がよく、且つ、安い。それがゲストハウスのよいところです。とはいえ、当然ゲストハウスにも当たり外れがあります。変なところに泊まってしまうと、「こんなんならカプセルホテルのほうが…

博多「らるきい」のタマペペが本当に美味しかった件 ~博多大吉先生の教えにウソはない~

太宰府天満宮にて菅原先輩にあいさつを終えた我々は、再び博多の街をさまよっていました。グルメの都・福岡・博多まできているにもかかわらず、腹を減らしてさまよっていました。 (前回:菅原道真が大物過ぎて梅の木が宙を飛ぶ件 - ニッポンたのしい。) 「…

菅原道真が大物過ぎて梅の木が宙を飛ぶ

引き続き、甘木と太宰府天満宮にきています。 (前回:太宰府天満宮前のものすごいオシャレなスタバで思わず春を感じる) 「菅原道真といえば、こち吹かば~、だな」 「コチって、魚のコチっすか?」 「なわけなかろうが」 「あれ美味いんすよねー」 「だか…

太宰府のものすごいオシャレなスタバで思わず感じる春の風

~前回のお話~ 「この伝説の剣で、山奥に住む悪い竜を倒してくだされ・・・」 勇者にしか抜けないといわれる伝説の剣を手にした私と甘木は、村人の期待を一身に受けつつ博多の地を後にした。山深くに住むという、太古の雷竜を倒すたびに出るのであった。 (…

『博多うろん』にならっていろんなものを濁点抜きにしてみた

人見知りなのに黙っていられない性分をしています。めんどうくさいといわれます。どんぐりです。 (前回:博多のラーメンチェーンは新宿店で食った方が良いことを本店で食って確認した) 『焼き餅、うまし! @櫛田神社』 甘木がインスタをアップしていまし…

黒田博樹のフォーシームとツーシームの関係について ~なぜフォーシームを投げないのか~

シーズン中盤以降、黒田さんのフォーシームは増加する youtubeで黒田さんの動画を探していて、非常に興味深い動画を見つけた。先だって引退をした前田智徳さんとの対談動画である。この16分ごろ、フォーシームを明確に意識していることに言及をしている。 要…

『一風堂』や『一蘭』は、新宿店で食った方が良いことをわざわざ博多本店で食って確認してきた

~前回のお話~ 「オラ、もっと強えヤツと会いてえ」 漢の中の漢を求め辿り着いたのは西の都・博多。豚骨スープの産湯に浸かり育った猛者たちは中洲に集うという。我々は意を決し中洲に乗り込む。漂う硝煙の香と、ジワリと滲む冷や汗を感じながら。 (前回:…

ラーメン食いにちょっと博多へ旅に出てみた件 ~西は花粉症が軽いと聞いて~

花粉症が軽いと聞いて、LCCで福岡にとんだ私と甘木。さっそくのノープランではありますが、互いに文句を言いあいつつも絶品もつ鍋を食し、博多の初日を終えるのでした。

【まとめ】 楽しい博多を旅してきました ~次は萩と広島~

桜が見頃な博多へ旅してきました。 登場人物①わたし 唐沢寿明っぽい顔してる、と初対面のお姉さんに先日言われた。顔が昭和なのだろうか。若干人見知り。たまにハーフと間違われる。築地の回らない寿司屋でお寿司を食べるの史上の幸せとだと思っている。 登…

カープ・黒田博樹、左打者にやたらツーシーム打たれる。その原因と対策を考えてみた

︎ ◆現役メジャーリーガーへの高すぎる期待 4月4日の中日戦。カープの黒田さんが打たれ、敗戦投手となった。とはいえ7回3失点、QS(クオリティスタート)十分である。流石は黒田さん、抜群の安定感、と言われても本来おかしくはないはずのところ。確かに、バリ…

気品と、技と、桂米朝。

中学生の頃でしょうか。 親に連れられて米朝さんの独演会に行きました。 暑い、夏のことでした。 トリの演目は、『怪談市川堤』でした。人間国宝が怪談をみっり語り、最後はイリュージョン仕立てで座布団に座った米朝さんがフワリと浮き上がり、突然会場が暗…

黒田博樹の2015年の変化球。ツーシーム、フロントドア、バックドア。

黒田さん扇風がもたらすもの 昨今の黒田さん旋風により、「フロントドア」「バックドア」なんていう随分メジャーっぽい単語がブームになっています。 特に、ツーシームでのフロントドアを使うピッチャーは日本人には殆どいなかったのではないでしょうか。日…

物凄く憂鬱だったので、「ニート飯」作ってみた【前編】

鬱な午後 お葱刻もう 大量に 芭蕉。 もとい、、 バーソ。 ビッッッッッッックリ するほど憂鬱な日曜の夕方のこと。気の迷いで、 ものすごく大量のおネギを買ってしまいました。 それ突然、ナツ姉さんに呼び出されて、 「あーし、彼氏と別れたから、ノミホに…

黒田博樹の嫁や家族をロスに残してカープ入りが、どうしたって血肉沸き立つ件

「わたし、ヤンキースの黒田みたいな男が好きなの」 そう言われてフられたことがあります。どうも、どんぐりです。黒田さんの嫁さんはさぞやライバルが多くて苦労していることでしょう。 と、思いきや、奥様はお子様のインタースクールの関係でロスで暮らさ…

ジャパンスネークセンターで蛇料理食べてきたヘビ。【後編】

~前回のあらすじ~ 将来に対するただぼんやりとした不安に襲われた私と甘木は、珍しいものでも食べれば勢いチャクラでも開いて人生観変わったりしないかなあ、などというザックリとした考えのもとヘビを食べにはるばる秘境の地・群馬までやってきた。 しか…

ジャパンスネークセンターで蛇料理食べてきたヘビ。【前編】

初めまして。どんぐりです。 ジャパンスネークセンターでヘビ料理でハブ酒飲んできました。 「あのう、どんぐりセンパイ」 「なんだね、甘木」 「なんか、つまんねっすね」 「うむ。生きてて楽しいことなんか何もないのかもしれないな」 そのとき私は、後輩…