読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

『博多うろん』にならっていろんなものを濁点抜きにしてみた

博多の旅 旅行

人見知りなのに黙っていられない性分をしています。めんどうくさいといわれます。どんぐりです。

 

(前回:博多のラーメンチェーンは新宿店で食った方が良いことを本店で食って確認した)

 

f:id:dongurime:20150414002808j:plain

 

『焼き餅、うまし! @櫛田神社

 

甘木がインスタをアップしていました。私はインスタになにかアップしても3つとかしか「イイネ!」がつかないので、あまりアップしようとは思いません。甘木のインスタ無双っぷりは正直うらやましいような妬ましいような気がしましたがあくまでもポーカーフェイスで表情には出しませんでした。

 

「おい、モチ食ってる場合ではないぞ、これ見れ」

 

f:id:dongurime:20150414003716j:plain

 

「おおっ! なんスか、これ」

山鉾ってやつだろう」

「これ持って練り歩くお祭りっすね」

「HPを見ると、7月の10日から16日にかけて、これを曳き回しまくるらしい」

 

f:id:dongurime:20150414003939j:plain

 

「メチャ派手っすね。でもって、なんてデカさ」

「縦に長いな。祇園祭みたいだ」

「あれも山鉾っすからね」

「そうなのか。なるほど」

「なんでこんなに縦にばっか伸ばすんすかね」

「理由はナンセンスなほうが文化として面白いのだよ」

「そんなもんっスかね」

「甘木は、こういうのに参加するのは好きなのか?」

「うーん、どっちかというと、その曳いてるのを、女友達と一緒に缶ビールでも飲みながら観ていたいっすね」

九州男児に聞かれたらこいつ確実にぶっ飛ばされるな)

「先輩はどうなんすか?」

「俺か? おれは、、、それを家でニコ生で観るだろうな」

(私は、甘木以下なのだろうか、、、)

 

f:id:dongurime:20150414004736j:plain

 

「随分立派なのね」

「そっすね。綱すげー太いっスね」

「この辺では結構有名な氏神なんだろうな」

氏神ってなんスか?」

「は?」

「ん?」

「いや、その、地区ごとにその地域ごとの地の神様ってあるだろ?」

「えっ!? 神様って、縄張りあるんすか?」

「そりゃあるでしょ。被ったら難儀するやろ」

「はー。そうしたら、新宿は誰の縄張りなんすか?」

「新宿は、花園神社やろ」

「なるほど、ジュクはお狐さまの縄張りだったんスね」

 

 

f:id:dongurime:20150414010450j:plain

 

ズルズル。ズルズル。

 

「先輩」

「なんだね、天木」

肉うどん美味いんすけど」

美味いな」

「正直、ラーメンより美味いんすけど」

「普段食べなれてない分、ぶっちゃけ、美味いな」

 

ズルズル。ズルズル。

ズルズル。ズルズル。

 

「こっちのうどんは柔らかいんスね。モチモチっスね」

「うむ。美味い。これ」

 

ズルズル。ズルズル。

 

「あ、先輩、替え玉できるみたいっス」

「え?」

「博多のノリなんすかね」

「ほー、あ、しかも」

「蕎麦の替え玉も、できるんすね」

「二度楽しめるんすね」

 

 

f:id:dongurime:20150414010451j:plain

 

「蕎麦もまあ、美味いな」

「でも、うどんのがやっぱ美味かったっスね」

(それ言っちゃおしまいだろ)

 

f:id:dongurime:20150414011815j:plain

 

「先輩」

「なんだね、甘木」

「おれ、気づいたんすけど」

「ほう」

「こっちって、『うん』じゃなくて、『うん』っていうんスか?」

「ん? 何を言ってる?」

「いや、だから、その看板とか、ほら」

 

f:id:dongurime:20150414012023j:plain

 

「ホントだ。なぜだ。甘木よ、調べるがよい」

「もうウィキったっス。どうやら、博多では『だ行』が『ら行』になるらしいっす」

「あー、うどんのどが、ろ、になって、うろんか」

「そっス」

「でもそれだと、いろいろと難儀せんのかな?」

「たとえば?」

 

 

◆︎ ロールケーキ ⇒ ドールケーキ

「人形型のケーキっすかね」

 

◆ 童貞 ⇒ 老貞

「どのみちセックスとは縁遠そうっすね」

 

◆ ドンペリ ⇒ ロンペリ

「なんか、ロンパリみたいっすね」

(甘木よ、それって今の時代言っていい言葉なのか・・・??)

 

◆ 桜独唱 ⇒ 桜緑青

「桜が古い10円みたいなみどり色んなっちゃってますね」

 

◆  ⇒ り

「りで入院、つっても、もうなんだかわかんないっすね」

 

◆ ディズニーランド ⇒ レズニーランド

「レズの人がオ〇ニーするテーマパークなんすかね。・・・なんかちょうエロイっす」

 

 

「先輩、もなかなかっすよ」

「ん? 逆とは?」

「ラ行をダ行に変えるんすよ」

(すげえ無駄なこと考えてるなコイツ・・・)

 

◆リンゴ ⇒ ヂンゴ

「やばくないすか? まんま下ネタっす」

「ふむ。博多で暮らすのはなかなか大変だな」

「ははっ、んなもんマジでするわけないじゃないつすか! 先輩バカすね

 

f:id:dongurime:20150414020518j:plain

 (話にのってやった改めて言われるとムカツク)

 

 

次回、太宰府天満宮菅原道真公の何の意味もないトリビアに迫ります。

誰に求められるでもない物語は続く。。。

 

〓〓〓〓〓  ↓博多周遊記 次回↓  〓〓〓〓

 ↑ 次回 ↑

 

 

 

〓〓〓    ↓博多編全体まとめ↓    〓〓

 

楽しい博多・萩・広島を周遊してきた ~福岡編~ - ニッポンたのしい。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

広告を非表示にする