読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

黒田さん、最多死球とバックドアスライダーで4勝目 ~打倒オリ姫!負けるなカープ女子~

黒田さん 広島東洋カープ

かわいいオリ姫と、えげつない黒田博樹

f:id:dongurime:20150601173651j:plain

 

オリ姫かわいい。帽子斜めにかぶってヘソ出しにホットパンツとか。可愛い。応援し慣れているんでしょうか。ポッと出のカープ女子よりも、ユニフォームファッションがこなれている気もします。

 

f:id:dongurime:20150601173710j:plain

 

でも試合結果は3タテ!! ばっちりです!

 

以下、えげつなかった黒田さんの投球内容をみていきます。

 

 

 

5月30日の黒田博樹の4勝目の投球内容

 

投球回数 投球数 被安打 奪三振 与四球 与死球 失点
7回1/3   103   6       5        0    2   2

 

 

初対決の対オリックスにまあまあ打たれて6被安打

そして2死球!(両リーグ最多タイ)(セリーグ最多)

最速149km。2失点。 5三振(何気に多い。デッドボール効果?)。

 

 f:id:dongurime:20150601173640p:plain

 

2回 カバライヨ ツーシーム 外角真ん中

4回 カバライヨ ツーシーム 外角低め(最速149キロ・バックドア

    T岡田    シンカー  内角高め(コレ流し打ったT岡田スゴイ)

    俊太    ツーシーム 内角高め

    伊藤    シンカー  真中低め

5回 安達    スライダー 外角高め(ボール)

 

5奪三振。結構三振が取れています。まだ黒田さんの動きまくるファストボールが初見のオリックス打線が少し戸惑っている様子がみてとれます。交流戦は(データこそあるものの)実際に相対するのは初めての投手ばかりになるので、黒田さんのような特殊なボールを持った選手は有利に働きますね。

 

それにしても、149キロの外角低めのバックドア打ったカバライヨ、そして、前打席デッドボール当てられてるのに、顔面近くからストライクゾーンに落とし込まれるシンカーを腰引かずに打ち返したT岡田、スゴイ。ものすごく怖いはず。さすがプロです。

 

 

今回のポイントは2つ。

「スライダー」「デッドボール」

です。

 

 

 

スライダーを多投する新投球スタイル

 

事前にキャッチャーの石原と相談したのでしょう。苦手な左打者対策に、外角へストライクゾーンに切り込んでくるスライダーを多投しています。

スライダーのバックドア。いやはや、いろんな引き出しがあるんですね。オリックスの側では、せっかくツーシーム対策してたのに、初球からスライダーバシバシ投げ込まれて戸惑ったところへとどめにツーシームがきて空振りと凡打を繰り返してしまったようです。

石原・黒田ペアの作戦勝ちですね。次回登板はどんな投球スタイルになるのか、見るのが楽しみです。

 

 

 

黒田さんのデッドボールの効用

 

今回は左打者二人に対して2死球。今シーズン6個め。両リーグで最多タイ。セリーグでは単独トップです。

デッドボールが良いわけありませんが、黒田さんのようにファストボールを動かすピッチャーにとってデッドボールは生命線でもあります。

狙ってのビーンボール(故意の死球)か、荒れ球が偶然当たってしまったデッドボールなのかは当人にしか分からないところではありますが、ときおり当たる可能性があると思うだけで打者は腰が引け、フロントドア系は効果が倍増します。

ロジャー・クレメンスほどではないにせよ、プロ同士のギリギリの削り合いを観れるのは個人的に楽しみではあります。(もちろん、ものには限度がありますが、、)

 

ただ今回はその次の打席で顔面近くからストライクゾーンに落ちるシンカーを腰引かずに打ち返したT岡田がすごかった。前の打席当てておいてインサイドのボール球を投げ込むとはこれはまたエゲツナイな、これがプロなんだな、と思った矢先のタイムリーヒットでした。投げる方なら投げる方なら、打つ方も打つ方で、さすがはプロだなあと思った打席でした。

f:id:dongurime:20150601173821j:plain

 

 

 

次回の登板に向けての考察

 

今回はファストボール系を高めに、変化球を低めにコントロールされていました。おそらく高めに浮いたのではなく、ある程度意識的に投げ分けていたのではないかと思います。

メジャーではとにかく低め低めに丁寧に投げて、たまに高めに投げるのは釣り球のフォーシームぐらいだったでしょうか。高めに浮いているけれど球を動かして凡打を打ってもらおうというピッチングだったように見えました。

実際、オリックス打線はボール球を引っかけたり、シンカーを見逃し三振したりとポロポロとアウトを重ねてしまっていました。4回を除き、大方黒田さんの術中にハマってしまっていたように思います。

 

次回登板は、交流戦で出遅れている対楽天

  • 初球の球種
  • ファストボールの高さ
  • 左打者への攻め方

あたりを気にしつつ次回登板を見ていきたいと思います。

再開だけど、Aクラス入りまでゲーム差1.5ゲーム

 

ガンバレカープ

がんばれ黒田さん!

 

 

f:id:dongurime:20150601173732j:plain

 

 

〓〓〓 前回記事 〓〓〓

 

〓〓〓 カープ関連記事 〓〓〓 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ

広告を非表示にする