読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

彼らの心の新宿に、シティーハンターはもういない

大学の後輩が、シティーハンター冴羽りょうを知らない。

 

f:id:dongurime:20150616225850j:plain

 

 

こちとらもう社会人で、後輩はまだ18だからジェネレーションギャップがあるのもさることながら、そもそも彼らは冴羽獠の存在そのものをすら知らない。

 

私の理想の男性像は、リョウちゃんでした。強くて、カッコよくて、ちょっとエッチで、セクシーで、謎めいていて。これら全てがあって初めて理想の男性でした。エッチだけれど、カッコいい、それがシティー派な、スタイリッシュな、新宿のカッコよさなんだろうなぁなんて小学生ながらに思ったものでした。

 

加えて、シティーハンターはOPとEDが格段にカッコよかった。アニメとは直接関係ないオシャレな主題歌の走りだったようなきがします。TMネットワークの小室サウンドや、岡村ちゃんこと岡村靖幸の『super girl』のオシャレさ。銀魂の本気回の演出みたいに、EDテロップのちょっと前ぐらいから曲が流れ始める憎い演出に、何度となくしびれたのを鮮明に覚えています。

 

歌が岡村靖幸の時点でもうオシャレ。そして、偶然ですが上の動画の声優陣がすごいですね。リョウちゃんの声は当然に神谷明そして面白いのが、メッセンジャーの黒田と交際宣言してた国生さゆりがなんでか声優で出演してる(どうやら声優業はこれが最初で最後のようです)。そして安定の山寺宏一の名前も入ってる。

 

そんなアニメの存在も、リョウちゃんへの憧れも、今の20代前半にはもう通用しない。そう思うと、複雑な気持ちになります。時代の移り変わりでしょうか? でもリョウちゃんは今でも全然カッコいいと思うのだけれど。理想の男像の移り変わりはこんなところからも気づかされます。

 

上京し、初めて新宿を歩いた時はそれはもう緊張したものでした。ガラの悪い人たちがコマ劇場前広場で殴り合い、時には銃撃戦が行われるらしい眠らない街、新宿。

 

f:id:dongurime:20150616231545j:plain

 

 

当時のJR新宿駅と言えば「マイシティー」(いまはルミネ)。

 

f:id:dongurime:20150616231554j:plain

 

 

西口公園ではカーチェイスと銃撃戦が行われる街、新宿

 

f:id:dongurime:20150616225724j:plain

 

 

そんな中を颯爽と歩くのが、新宿の良心にして下心、コルトパイソンを懐に忍ばせ、赤シャツに白ジャケットで、腕まくりして歩く冴羽獠。それが地方出身者の新宿の(間違った)イメージでした。

 

モッコリ!とか、100tハンマー!

なんて言ってもみんな「なんすかそれ?」って感じ。ググって画像みせても全然ぴんと来ていない。

 

しかし落ち着いて考えてみると、私も再放送で見た世代です。実はあのアニメの時代背景自体がかなり古いということが、改めてググってさっき分かりました。アニメ放送当時はまだ都庁ビルってなかったんですね。でもその当時からスタジオアルタはあったらしい。

 

f:id:dongurime:20150616231933j:plain

 

 

そんな後輩に、最近のマイブームを聞いてみましたら、目下『妖怪ウォッチ』にハマっているのだそう。隔世の感があります。そりゃあ、さしものシティーハンターの再放送の効果もう及ばないでしょう。

そして新宿もまた、時代と共に生まれ変わっています。

 

f:id:dongurime:20150616233939j:plain

 

 

この真ん中の、闇夜にすっくとそびえる新宿東宝ビルの光の筋は、ついこないだまでありませんでした。

 

f:id:dongurime:20150616233947j:plain

 

 

ゴジラも、新宿にはいませんでした。

 

f:id:dongurime:20150616234522j:plain

 

 〇 旧コマ劇後周り

 〇 新宿三丁目

    (バルト9~末廣亭のあるブロック)

 〇 ゴールデン街

 

このあたりは風景や雰囲気の新陳代謝が行われ、やはり若い人が多く活気があります。

 

  ◆ 歌舞伎町の風俗街・ホスト街・ホテル街

  ◆ 西口繁華街

   (おもいで横丁~バスセンターやヨドバシカメラ周り)

 

この辺は、今も昔も大きくは変わらない地域かもしれません。渋谷はこれから長い時間をかけてがらりと再開発がされるようですが、所々がポツポツと入れ替わりながらもいびつなまま時代と共にのんびりと変わり、そのいびつさ故にありとあらゆる人を受け入れることができる街、それが新宿の良さだと思います。

これからも、新宿に受け入れてもらいつつ生かされます。

 

f:id:dongurime:20150617002735j:plain

 

 

最後の最後で話は変わりますが、いまシティーハンターは『エンジェル・ハート』として冴羽獠と新ヒロインのパラレルワールド設定のものが連載されていますが、私は前作のカオリの姿が脳裏にちらつき、頭の切り替えがうまくいかずにどうしも集中して読み込めません。エンジェルハートでの設定ではカオリは死んでいるんですよね。

 

わたしの中でなかなか釈然としないので、もし今、全くのゼロベースで現代版シティーハンターを作ったらどうなるのかなーと妄想しています。カオリちゃんへの思い入れとかと排除するために一切の土台を取っ払ってしまいたい。

 

そこで次回、記事で、私なりに2015年版シティーハンター書いてみようかなと思います。漫画は描けないので、二次小説版で。小説版ってか、ラノベ版ですかね。

 

新宿のエッチで、ワイルドで、カッコいいスイーパー。を、書きたいなあ。

(※どうせそんなに読まれることもないと思うので好き勝手書いてみます。請わないご期待)

 

 

 

◆ ◆ で、書いてみた。 ◆ ◆

 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

広告を非表示にする