ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

どこの国でもネコはあざとい

ネコというお方は、なんでこんなに可愛いのか。
 
 
東南アジアの路地裏。
ゴロニャンとすり寄ってきて、下に置いてたわたしのバックを陣取って、立ち往生させてしまう罪なやつ。
 
 
f:id:dongurime:20150920215810j:image
 
リュックが背負えないではないか。
紐のところがお気に入りのようで、ちっともどいてくれない。
ご機嫌を伺いながら、そっと退けようとすると、シャッ、と前足を一閃。
 
きっと私の右手の傷には、異国の得体の知れない病原菌が注入されたことでしょう。なんか小さく腫れてるし。
破傷風は仕事で海外出張のときに予防接種したけれど、それ以外なら死ねる。
でもまだ死にたくないのですが、そこを退いていただいてよいでしょうか、おネコさま。
 
あ、どいてくださるのですね、おネコ様。
ありがたき幸せ。
 
さて、喫茶店に向かいます。
ふう。
落ち着く。
 
と思っていたら、先ほどのおネコさま、わたしのうしろをついてきてらして、隣の席に着座なされた。
 
f:id:dongurime:20150920220841j:image
 
なんともあざといポージング。
かわいい。
こちとら手から血が出てるのに、その憎しみをもってしてなおカワイイ。
 
 
f:id:dongurime:20150920221047j:image
 
そして今度は撫でろとのポージング。
撫でますよ。
お撫ですればよろしいのでしょ?
 
 
お腹をなでなでナデナデ。
アゴの下もなでなでナデナデ。
 
 
ゴロゴロゴロゴロ。
 
 
ご機嫌のご様子。
 
 

f:id:dongurime:20150920215557j:image

 
そしてこの顔である。
血は止まったが、腫れてきている。
東南アジアの土壌に潜む病原菌の恐怖と戦いながら、わたしはいませっせと、おネコさまのアゴを撫でている。
 
広告を非表示にする