読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

食い道楽とは、なんぞや。 ~食い道楽帖その1~

北大路魯山人の食レポエッセイを読んでいて、すごく面白い。あまりに面白いので、私も書いてみようと思った。

 

北大路魯山人: 120話すべて収録+綺麗な写真と読む

北大路魯山人: 120話すべて収録+綺麗な写真と読む

 

 

 まず、道楽とは、道に楽しむ、とある。

 大体に楽しんで、つまりは遊んでいなくてはならないから、日々の生活の糧のため、などと眉間に皺寄せた時点でそれは道楽ではない。しかしこれは、額に汗して本気で遊んではいけないという法ではない。遊びに必死になるのは構わない。

 定義は難しいが、少なくともそれでお金を稼ごうとか、それで食費を浮かそうとか、そうした口に糊しようとするさもしい金勘定が絡まなければ、道楽の一端を担うこととなるのだろう。そういうことにする。切りがないので一旦そうする。鰤のつまりが、諸賢におかれては、道楽とは、ビジネスの対義語と捉えていただきたい。一切の見返りを求めないのだ。

 私に道楽は数あれど、最も高い比重で嗜むこととなっているのが食い道楽である。

 ダイビング道楽は先般、石垣の海を潜ってすぐに飛行機に乗ったから、潜水病になり今シーズンはすっかり意気消沈してしまった。武道においては、すでに二段まで取った身としては、もはやはずかしくて喧嘩に負けれなくなってしまったため、楽しむ余裕などすでにない。必至すぎてちっとも楽しくない。負けたら今までの稽古や努力が灰燼に帰すという恐怖に苛まれ、怖くて怖くて稽古に真剣味が増してしまって楽しくない。楽しくないのなら最初からしなければよかったと思わなくもないが、ちょっと筋肉もついて痩せるし、多少なりともいざという時便利かもしれないから良しとすることにする。武道とは、軍隊とか保険とか宝クジと似たもので、めったに発露する機会はないけれど、一度ことが起こると大変に重宝する代物である。しかしもし本当に喧嘩になったら相手に砂でも投げて一目散に逃げようと思う。

 釣り道楽は前回仲間を大勢引き連れて釣行したが、私にだけ一匹も釣れなかったからもう辞めた。山登り道楽は、奥多摩でクマが出たという話をきいてから怖くて最近すっかりご無沙汰である。

 

f:id:dongurime:20151112212004j:plain

 

 残ったのは食い道楽で、日に三度、お腹が、やれ食えさあ食えとのたまうのでどのみち何かを食べることになる。どうせ食べるのなら美味しいの食べようね、と考えるのは世の摂理。また、とりわけ私の場合、自分で料理をするため、ついつい凝ってしまう傾向にある。

 私が料理を始めたのは、母の料理が気に食わなかったというのが原因にある。母の料理はなんでも硬くなるまで火を通してしまう癖があり、その上毎回味付けは異なった。ときに極端に甘く、そしてときに味はない。しかし、たまに私が台所に立って私で料理をしようとすると、邪魔だといって母は私の調理の止めだてをする。おそらく私にお株を奪われるのが怖いのだろう。

 実際に、私は大学生となって一人暮らしを始めると同時に料理い勤しみ始めた。するとどうだろう、やはり自分でする方が美味しかったし、楽しかった。もはや母の手料理なぞいらぬ、とふんぞり返りたいような気もするけれど、たまに実家に帰ると自分の手を煩わせずともそこそこの料理が出てくるのに味をしめ、まだあまりふんぞってはいない。そして母は時折ものすごく絶妙な味付けの料理を出すのであなどることはできなかった。しかし、母の残念な点は、そのときの絶妙な配合を二度と作り出すことができない点にある。母はメモを取らない人なのだ。そうした不安定な味と何が出てくるかわからないワクワク感が懐かしく、そういう独自の料理体系として面白くもあるわけである。

f:id:dongurime:20151112213042j:plain

 

 そうしたことで私は料理を始めると同時に、食道楽にのめり込んでいった。

 自分で料理をすればこそ、出てきた料理が如何に絶妙で、如何に手間がかかっているのかが分かるのだ。それまでは季節に関し、夏だろうと冬だろうと、今日は暑いから夏で、寒いから冬かもしれない、ぐらいの認識でしかなかった私が、自分で料理をたしなむようになってから、四季折々の幸が気になり、道を歩いてはよその軒先からぶら下がる甘柿や渋柿の食べごろを毎日観察するようになった。

 

f:id:dongurime:20151112220045j:plain

 

 道楽は、人を変える。また、人が変わるぐらいでなければ、それは道楽とは呼ばれない。人はどんどんと変わるから面白く、道楽を知らぬ人、何もしなくてもオンリーワン、と考える人は無味無臭で味気ない。道楽は素敵だ。生きている意味といって過言はない。

 冒頭で、道楽は見返りを求めないと書いた。それを人は「愛」と呼ぶ。愛は見返りを求めない。そこに見返りを求めた場合に、愛は欲望へと姿を変える。私は北大路魯山人のエッセイの、プンと匂い立つほどの食への愛に絆された。ここからしばらく、私も、食への幾つかの偏愛を、記してみようと思う。

 

魯山人と星岡茶寮の料理

魯山人と星岡茶寮の料理

 

 

魯山人の美食手帖 (グルメ文庫)

魯山人の美食手帖 (グルメ文庫)

 

 

料理王国―春夏秋冬 (中公文庫)

料理王国―春夏秋冬 (中公文庫)

 

 

 

広告を非表示にする