ニッポンたのしい。

楽しそうなことを求めて日々右往左往するさまを無様に綴ります。

至福のポークジンジャー定食 ~食い道楽帖その2~

 私が、東京に来て最初に感動を覚えた食べ物が、四谷の『エリーゼ』のポークジンジャー定食であった。

 

f:id:dongurime:20151112220653j:plain

 

 四谷のしんみち通りの入り口右手に『エリーゼ』という洋食屋があった。わたしはそこの大きなポークジンジャー定食がひどく気に入り、当時の彼女とよく食べに行ったものだった。

 どことなくタヌキめいた店員さんに、私と彼女と二人して顔を覚えられて嬉しいやら恥ずかしいやらと思ったことを覚えている。その彼女は、背は低いのに、私でもお腹が少し張る程の『大きなポークジンジャー定食』をペロリと平らげ、なんとも頼もしく思ったものだった。何故ブクブクと腹が太らないのか不思議であった。

 私たちがポークジンジャーを頼むと、「『大きな』のにしますか?」とそのタヌキめいた店員さんがわざわざ聞いてくれるのだ。二人とも良く食べることが覚えられているのであった。
 ピリリとジンジャーが効いていて、堪らなく美味しかった。お店で使われる生の生姜と、家庭で使う貧相なチューブから絞り出されるそれとでこうも味は違うものかと驚かされた。私が慣れ親しんだ母の生姜焼きなど生姜の味はせず、甘いだけでその上硬かった。

 

f:id:dongurime:20151112221404j:plain

 

 しかし、嗚呼なんておいしいんだポークジンジャー、ほんとうにねおいしいねまた食べたいわ食べようね、などという甘い日々は長くは続かなかった。
 それは青天の霹靂だった。私はしばししんみちの入り口の「ようこそしんみち通りへ」と書かれたポールの下で立ち尽くした。お店の屋号が変わっていたのだ。さらにメニューは一新され、我が愛しのポークジンジャーは忽然と姿を消していた。もう二度とあの味わいが私の舌上で踊ることはないのであった。その日、私は夢を見た。理由はわからないが、とにかく一晩中、ポークジンジャーとフラメンコを踊る夢だった。彼女は黄色いドレスを舞台に閃かせつつ、饒舌にステップを踏んでいた。夢の意味こそ分からないが、とにもかくにも 私はしばらくお店から遠ざかった。

 

f:id:dongurime:20151112222623j:plain


 季節は流れ、夏が来て、秋になり冬となり、また春が来て、なんとなく大学のサークル活動に本腰を入れ始めたころだった。当時はひどく夜型の生活をしていたように思う。
 そんなあるとき、タモリ倶楽部を見るともなしに見ていると、タモさんが、生姜焼きを作っていた。先にフライパンで玉葱だけを炒めておいて、そこへ小麦粉をまぶしたポークを投入し、火が通りかけたところで酒、醤油、味醂で作ったタレへ生の生姜をすりおろして加えたものをフライパンへ投入し、煮立てていた。

 生姜焼きとは、豚肉を醤油などでつけ込むものだとばかり思っていたので驚いた。しかし我が敬愛するタモさんの手法とあらば試して見る他はなく、私は早速、近所の丸正へ自転車を飛ばし、生姜と、エリーゼよろしく厚めのポークを買い求め、一人ニヤニヤと家路を急いだ。帰宅し早速、私はエリーゼの味をなんども脳内にリフレインさせつつ、調味料の調合を行った。さんざ試した結果、酒1、醤油2、味醂2が近いんじゃないのかなあ、と私のゴーストが囁くのでそれに従うことにした。

 配合が完了したところで玉ねぎを炒め、それから小麦粉でお化粧をした岩手のポークをフライパンへ。ジューと小気味好い音がして、それから、キュッとフライパンの上で小さくポークが鳴いたのが聞こえた。汁を投入してワッと煮立て、頃合でまん丸なお皿に移し体裁を整えた。

 

f:id:dongurime:20151112223450j:plain

 タモさんと我がゴーストによる合作が、今や幻となったポークジンジャーを再び産み出したのだ。言いようのない不安と恍惚が私を支配した。

 意を決し、徐に、口中へ放り込む。噛み締める。するとそこは、果たして、エリーゼであった。